樹脂灯器がある場所

-樹脂製灯器専門サイト-

 Last update;2021/01/11 「県別写真集 福島県」に画像を追加。


 この度は弊サイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。
このサイトでは「樹脂製筐体の信号機」に焦点を当て各地の信号機を紹介しております。

 樹脂製丸型灯器は、実に25年以上に亘り大きなモデルチェンジなく生産され続けた、言わば信号界の大ヒット作であります。
しかしながら、その見た目の変化のなさが仇となり、信号マニア界においては「普通の信号機」という扱いを受け、長らく注目を集めることがありませんでした。
その一方で、省エネが様々な分野で求められている昨今は急速に信号のLED化が進行しており、主に白熱電球を使用している樹脂製灯器は急速にその数を減らしています。

 誰にも注目されずに撤去されていった樹脂製灯器は数えきれないほど存在します。
そこで、「様々な樹脂製灯器が各地で稼働していた事実」をまずは皆様にお伝えしたいと考えております。
そして、数々の樹脂製灯器を撮影してきて気づいた「樹脂製灯器の細かな違い」も同様にお伝えしたいと考えております。
上記二点を主題とし、樹脂製灯器の奥深さを皆様にお伝えできるようサイトの運営に努めてまいります。



冬の福島探訪(12月)

撮影内容は大方アップしました。
ブログには今回アップできなかった画像などを追加です。

補足文(ブログ)

冬の横手探訪(秋田県)

平年の3倍以上の積雪深を観測しているという横手市で灯器への積雪状況を観察してきました。

補足文(ブログ)



inserted by FC2 system